Topicsトピックス

トピックス

シンポー情報システムからのお知らせ

二ユース

2019.08.07

トヨタサービスセンター神奈川様の工場見学に参加しました

 8月7日(水)、トヨタサービスセンター神奈川様の工場見学に参加しました。
トヨタサービスセンター神奈川様は、KTグループの中で自動車の商品化・物流を一手に担っておられます。
今回は、トヨタサービスセンター神奈川様の業務や現場の理解を深めるため、工場見学を開催していただく運びとなりました。

 1.日時 :2019年8月7日(水) 14:00~15:30
 2.参加者 :大場常務、ICT推進部部長、他社員8名
 3.内容
  (1)会社説明ビデオ鑑賞
  (2)工場見学

 会社説明ビデオ鑑賞では、トヨタサービスセンター神奈川様の事業活動の使命や企業理念、工場内施設の説明を受けました。品質・納期100%にかける熱意を実感できる内容でした。
 工場見学では、新車に対する作業の一連の流れを追って説明していただきました。ご案内は馬場常務、ご担当の室長にしていただきました。
 新車はまず入庫ヤードと呼ばれる場所に保管され、ハンディ端末で入庫処理を行います。トヨタサービスセンター神奈川様で管理している車両には全てRFID(電子タグ)が割り当てられていて、RFIDを読み取ることで車両の進捗状況ステータスを更新し、それらをシステムで着手から完了まで一括で管理することによって納期100%を実現させているとのことです。
 続いて工場内のガソリンスタンドで給油を行い、立体駐車場へと移されます。立体駐車場は4階立てで、完成車は主に1階を使用し未完成車は2~4階を使用します。中でも濃色車はキズの被害を受けやすいため2~3階を使用することで品質を維持する工夫がされています。
 次に新車点検と呼ばれる「洗車~用品搭載~内装・外装検査~ナンバー施封」の一連の検査を行います。これらが完了した車両はさらに別の場所に移され、「用品取付・ボディーコート」を実施します。全ての工程が完了した車両は完成検査へと移ります。1台3~4分の作業ですが、1日に15台ほど検査で引っ掛かるとのことです。これらの綿密な検査により、不具合を見抜き品質100%を実現させているとのことです。
 トヨタサービスセンター神奈川様では、当社開発の「基幹システム」と「配送計画システム」を使用していただいています。今回の工場見学を通してトヨタサービスセンター神奈川様の業務を学ぶとともに、これらのシステムを実際に使用している場面や環境を知ることができました。システムの開発・運用や機器をキッティングする上で現場を知ることは非常に大切であることを実感しました。また、トヨタサービスセンター神奈川様の事務所を通していただいた際に、従業員の方全員が起立して挨拶してくださり非常に感銘を受けました。
 今回の工場見学を通して、トヨタサービスセンター神奈川様の業務やシステム、礼儀作法を学ぶことができました。得た貴重な知識と経験を活かして、今後の業務に精進していく所存です。


(記:ICT推進部)

ページトップ