Topicsトピックス

トピックス

シンポー情報システムからのお知らせ

社内活動

2019.01.25

ビジネスソリューション部「部会」「懇親会」を開催しました

1. 日 時:平成31年1月25日(金)
2. 場 所:本社10F第一会議室
3. 参加者:22名

  ビジネスソリューション部では、4半期に1度定期的に部会を開催しています。それまでの部会は、集まった上で管理職の話を聞くことがメインでしたが、全員参加型部会を目標とし、会社情報の共有の場、と言うだけでなく、情報収集・プレゼン技術向上、部員間交流などを目的に、試行錯誤しています。
今回は席について机を取り除き、イスにあらかじめ社員番号のカードを置いて部員が年次バラバラになる様にする、と言う工夫をしてみました。このような取り組みをした結果、発表者以外誰も話さず、質問もあまり出なかった状況から、少しずつ活性化してきた様に感じました。
この日の部会では、各部員から以下の様な情報共有が行われました。


<アプリ開発環境の説明資料>
1.Walking SDについて
  歩数を計測するアプリで、AWSを利用し部員の歩数を管理するシステムとなっています。AWSのどのサービスを使い、どんな役割を持たせているのかを説明してくれました。説明者の技術力が高く各オブジェクトを体系的に捉えていることが分かる発表でした。


<アプリ開発環境の説明資料>
2.健康について
  「疲れ、たまっていませんか?」をテーマに自席でできるツボ押し、ストレッチの紹介をしてくれました。自身のボケ(?)に対する的確な一人突っ込みや、説明者の持つほのぼのとした空気から、終始なごやかな雰囲気のプレゼンとなりました。余談ですが、直属の上司は二日酔いに効くツボを早速試していました。

3.コンプライアンス関連について
  情報セキュリティの一環として、セキュリティ事故の事例の紹介や、損害賠償の法的根拠や法的責任の説明をしてくれました。「眠くなる内容ですが…」から始まったお話でしたが、分かりやすく工夫された資料や喋りに部員が食い入っている様子が印象的でした。記憶に残ったフレーズは、「99%ではありません。100%の実施を!」

4.改善塾STEP1について
  本社の取組の1つである改善塾ですが、何事も楽しむ説明者の性格が色濃く反映された目的が設定されています。

<Webサイトを使ったクイズの画面>
職場メンバーが心を通わせられるよう、毎日メンバーに関するクイズを出しあいお互いの事を知っていくというものですが、数値化(KPI、KGI)への苦労がとても伝わってくる内容でした。

  懇親会ではWalking SDのWebサイトを利用してクイズを催しました。
参加者がQRコードを読み、専用のサイトにアクセス。
余興が始まるとサーバへアクセスし、リアルタイムでWebサイトを更新し、参加者のスマートフォンにクイズの問題が届きます。手動にてで実施してきた集計も、AWSのサービスで簡単に行えました。

  初めての試みであったものの内容としては満足のいくものでした。さらにブラッシュアップしたり、クイズだけでなく開催案内、会計などもっともっと使い道を拡げていきたいと思いました。

ページトップ