Topicsトピックス

トピックス

シンポー情報システムからのお知らせ

ニュース

2018.01.31

神情協アプリケーションコンテスト2017で最優秀賞を受賞しました

 1月度の「ニュース」で紹介させていただいた「ならばぬ君」は優秀賞を受賞していましたが、さらに、優勝賞3作品の中から最終プレゼンの結果、「最優秀賞」に選ばれました!
【表彰式の様子】
 プレゼンテーションは和やかに進行いたしましたが、デモ環境の設置等にすこし手間取ったり、最後の決め台詞が全然揃って言えてなかったりと反省点がある為、来年にむけて改善していきたいと思います。また、役員・所属部長も応援にかけつけてくださいました。

  • <ならばぬ君のプレゼンテーション>

    ならばぬ君のプレゼンテーション
  • <実機を使用したデモ>

    実機を使用したデモ
  • <集合写真>

    集合写真
  • <表彰状>

    表彰状

【参加して感じた事】
 一番感じた事はアイディアを形にする事は楽しいという事でした。
アプリコンテストメンバーで混雑状況を見える化するアプリを作ってみよう!と決めてから、着席は何で検知する?離席はどうする?窓口で貧乏ゆすりされたらこのアルゴリズムじゃ駄目じゃないのか?等の様々な障害がありました。辛い時もありましたが最初にtofセンサーで発券を検知し、スマホで結果確認した時の喜びは今でも鮮明に覚えています。
【今後に向けて】
 正直に言ってならばぬ君はまだまだ誤検知も多く、山のように改善・検討事項が存在します。
tofセンサーの検知アルゴリズムの見直し、異なるセンサーを追加しての検知方法の拡充、カメラを使用して画像認識での検知等一部をあげるだけでも、やりがいのありそうな課題が盛り沢山にあります。
今後は、それらの課題を潰していきながら、横浜市様との実証実験の推進、自社サービス化を目指し活動を実施していきたいと思います。
 最後に、ならばぬ君は役所の窓口が混雑していて空いている時間が分からないという「不便」から生まれました。同じような「不便」は社内にも、社外にも、いくつも転がっていると思いますので今後はそれらを解決できるアイディアを形にしていければと思います。また、「不便」に気づき、解決策を形にしてみたいと思われた方はアプリコンテスト、社内勉強会、はたまた一般で行われている開発イベント等アイディアを形にする様々な場がありますので是非参加していただき、成果物を共有していただけると幸いです。

ページトップ