Topicsトピックス

トピックス

シンポー情報システムからのお知らせ

ニュース

2017.09.30

AiA PMコンテスト2017に参加しました

  標題の通り、中部支社有志メンバにによりAIA(愛知県情報サービス産業協会) PMコンテストに参加しました。大会当日には大場取締役を始め、中部支社の多数のメンバに応援に来て頂き、ありがとうございました。結果は先日Chatterにも掲載させていただきましたが、改めてご紹介をさせて頂きます。

総合順位     : 第2位
PM部門      : 第5位 ※審査員特別賞
ロボット走行部門 : 第3位

AiA PMコンテスト2017に参加しました


※PMコンテストとは?
◆ロボット走行部門
ロボット(レゴブロック)を自作し、プログラムを仕込み、
競技会コースを走行させ走破タイムを競う。
◆PM部門
ロボット作成・開発作業を1プロジェクトと見立て、プロジェクトマネジメントを実施する。
その過程を資料化し、計画・実行の両フェーズにて採点され合計得点を競う。

  全員でチーム一丸となり、課題に対し真摯に向き合った結果が成果に繋がったと思っております。
また、審査員特別賞を頂いたことにより、大会当日に100人以上いる前でプレゼンテーションを行いました。
発表は若手3人で担当し 、PM/PG知識だけでなく 、貴重な経験も併せて得ることが出来 、なによりも「AIAにシンポーあり!」と他社へアピール出来たことが一番の成果だと思っています。

  さてリーダとして参画した社員いわく、PJT発足当初からわかっていたことが一つ。
「大会当日は友人の結婚式で不在」だったことです。そもそも大会に出るのか?と不安も抱いていたのですがPMコンテスト3年連続出場の社員から 、「自分がいるから大丈夫です」と言ってくれました。大変頼もしく言ってくれた姿を見て、出場を決定しました。その言葉の通り、ロボット走行部門では全員をリードし最後まで引っ張ってくれました。走行3位の成果は大野がいてくれたからといっても過言ではありません。
  次にPM部門。各メンバが意見を出し合い、「改善」しながら進められたことが審査員特別賞に繋がったと思っています。特にKPTの使い方についてはメンバの発案で、従来のKPT+重要度の見える化が出来るよう「改善」したりと(詳細は書ききれませんが…気になる方はメンバまで)リーダ社員は少し前で手を引っ張っただけで、後はメンバが自発的且つ意欲的に活動をしてくれるという好循環を生み出していました。
良いメンバと一緒に作業が出来た事を、素直に感謝しています。ありがとう‼
とはいえ総合2位ということで 、より高みがあります。来年のメンバがどうなるかまだわかりませんが、「より高い目標に取り組む」舞台には絶好の機会‼中部メンバにご期待ください。

  最後に大会を終え感じたことは、一歩踏み出す勇気は大切ということです。始めは参加しようかどうか悩んでいたメンバもいたでしょうし 、100%乗り気ではなかったかもしれません 。しかし勇気を出し一歩踏み出すことで、様々な経験を経て自身を成長させることが出来たと思います。
「誰かがやるだろう」ではなく「自分がやってみよう」という気持ちを今後も持ち続けたいと思います。

ページトップ