Company information会社情報

当社の取り組み

当社の取り組み

当社では、経営目標を達成するために、活動の仕組みやルールを定め、PDCAのサイクルを回して継続的改善を図っております。

情報セキュリティへの取り組み

当社は、情報セキュリティ基本方針に従い社内規程を定め、情報利用者に遵守を義務付けております。社内に設置した「情報セキュリティ委員会」を中心に、情報セキュリティ体制を確立し、情報資産の適切な管理を確立しております。なお、お客様の個人情報及び従業員の個人情報に関して、個人情報保護に関する法令、国が定める指針及びその他の規範を遵守するため、日本工業規格「個人情報保護マネージメントシステム・要求事項」(JIS Q 15001)の認証を受け個人情報の適切な保護に努めております。

情報セキュリティー基本方針を見る

情報セキュリティー基本方針

当社は、お客様およびトヨタグループの開発・運用・保守で培ったノウハウを活かし、より良い商品やサービスを提供し社会の発展に寄与するため、お客様やお取引先様からお預かりした情報資産および当社の情報資産を守ることが責務と考え、ここに「情報セキュリティ基本方針」を定め、実践することを宣言します。

1.情報セキュリティ体制

当社に「情報セキュリティ委員会」を設置し、情報セキュリティ体制を確立し、情報資産の適切な管理を確立します。 また監査体制を整備・充実させ、情報セキュリティに対する対策の実効性の確保と維持・向上に努めます。

2.情報セキュリティに関する規準の整備と遵守

当社は、本基本方針に従い社内規程「情報セキュリティ規程」を定め、情報利用者(役員を含む全従業員)に遵守を義務付けます。また、社内規程を継続的に整備・実施します。

3.情報セキュリティ・リテラシーの向上

当社は、情報セキュリティ確保のため、情報利用者に対し情報セキュリティ教育を定期的に実施し、情報セキュリティに対する意識の向上を継続的に実施します。

4.情報セキュリティ目標

当社の情報セキュリティ管理責任者、情報セキュリティ委員会及びその関係者は社内規程で定めた方法でリスクを特定します。特定したリスクに対しては適切な管理策を策定し、リスクを定められた受容可能な水準以下に軽減することに努めます。

5.情報セキュリティ対策

当社は、情報資産が適切に保護されるよう、組織的・人的・物理的・技術的安全管理の観点から適切な施策、措置を講じ、事業継続を確保し、情報資産に対する不正な侵入、漏えい、改ざん、紛失、盗難、破壊、利用妨害等が発生しないよう情報セキュリティ対策の維持・向上を図ります。

6.情報セキュリティ基本方針の改善

当社は、以上の活動を継続的に見直し、改善に努めます。

制定日 平成20年 4月1日

改訂日 平成27年10月1日

シンポー情報システム株式会社

代表取締役 社長 中溝 正俊

情報セキュリティ委員長 石川 真吾

個人情報保護方針を見る

個人情報保護方針

シンポー情報システム株式会社(以下、「当社」という。)は、情報サービス事業者として、個人情報保護の重要性を認識し、お客様の大切な個人情報や、役員・従業員の個人情報を適正、安全に取り扱うため、役員・従業員のすべてが遵守すべき行動基準として、本「個人情報保護方針」を定め、その遵守の徹底を図っております。

  1. 当社は、すべての事業で取り扱うお客様の個人情報及び役員・従業員の個人情報に関して、個人情報保護に関する法令、国が定める指針及びその他の規範を遵守するため、日本工業規格「個人情報保護マネジメントシステム・要求事項」(JIS Q 15001)に準拠した「個人情報保護マネジメントシステム」を策定し、組織体制を整備して役員・従業員が一体となり、個人情報の適切な保護に努めております。
  2. 当社は、個人情報を取得する場合、事前に利用目的及び提供・開示の有無を明確にいたします。また、本人の同意を得た上で、目的の範囲内において適切に利用し、目的外利用を行わないための措置を講じております。

    利用目的及び第三者への提供の有無
    • お客様から委託された情報処理サービス業務等の遂行に利用いたします。
    • お客様とのご契約、お問い合わせ等のお取引の履行に利用いたします。
    • お客様への情報提供サービス等の遂行に利用いたします。
    • 役員・従業員への業務上の連絡、報酬の支払、社会保険関係の手続き、健康管理、法律上要求される諸手続き、派遣・出向のための情報等、その他雇用管理に利用いたします。
    • 個人情報は厳正なる管理を行い、第三者への提供は原則として一切いたしません。
  3. 当社は、情報処理を業として行なうために、委託された個人情報を取り扱う場合があります。
  4. 当社は、個人情報の処理を外部に委託する場合には、当社の定めた保護基準を遵守できる者を選定し、契約等により適切な措置を講じております。
  5. 当社は、個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏えい等のリスクに対して合理的な安全対策、及び是正するための措置を講じております。
  6. 当社は、本人からの当該個人情報の開示、訂正、削除、利用停止等の要請に対して、遅滞なく対応しております。
  7. 当社は、個人情報の取扱いに関する苦情、ご相談等は下記「お客様相談窓口」にて承っております。
  8. 当社は、特定個人情報について、個人情報と同義と位置づけて適正に取り扱います。
  9. 当社は、以上の活動を継続的に見直し、改善に努めます。

制定日 平成11年11月1日

最終改訂日 平成30年11月1日

シンポー情報システム株式会社

代表取締役社長 中溝 正俊

個人情報保護管理者 石川 真吾

お客様相談窓口

シンポー情報システム株式会社 経営企画部

〒221-0052 横浜市神奈川区栄町7-1

電 話:045-459-2270 FAX:045-459-2277

Eメール:

プライバシーマーク / JIS Q 15001:2006

プライバシーマーク /  JIS Q 15001:2006

プライバシーマークは、一般財団法人 日本情報経済社会推進協会が運用する「プライバシーマーク制度」に基づいて、当社の個人情報の取扱いがJISQ15001「個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの要求事項」に準拠して、適正に行われていることを認定した証として、その使用を許可されたものです。

品質への取り組み

当社はお客様に満足いただける製品・サービスの提供を目指し、品質方針に従い社内規程を策定・運用することで、品質向上に取り組んでいます。

品質への取り組みを見る

品質方針

当社は、お客様に満足いただける製品・サービスを提供し続けることで、お客様との信頼関係を築き、確実に収益を上げ、当社の発展と社会的貢献を目指します。 そのために、以下を枠組みとする品質管理の規程やルールを策定、およびその運用を推進します。

  1. 法令遵守当社は品質に関わる法令及び規制を遵守します。
  2. 継続的改善当社の品質に関わる規程やルールは見直し、改善に努めます。
  3. リスク管理当社の提供する製品・サービスに関わるリスクを管理し、高い品質を維持します。
  4. 全社適用当社の品質に関わる規程やルールは、あらゆるカテゴリの全てのプロジェクトに適用します。
  5. 顧客ニーズお客様の要望・ニーズをいち早く察知し、応える努力をします。

制定日 平成13年6月1日

最終改訂日 平成27年9月1日

シンポー情報システム株式会社
代表取締役社長 中溝 正俊

環境への取り組み

当社は、活動の基本方針として「環境方針」を制定し、社員が一丸となって環境意識の向上に努め、事業活動のあらゆる側面で環境保全に配慮して行動します。

環境への取り組みを見る

基本理念

シンポー情報システムは情報サービス産業の一員として、全要員を挙げて、情報システムの企画、設計、製造、運用、保守という当社の企業活動のあらゆる面において常に環境に配慮し、その保全と社会の持続的な向上に貢献できるよう努力します。

行動指針

シンポー情報システムは、上記理念を実現するために、以下の指針に基づいて企業活動を推進します。

  1. 汚染を予防し、環境を向上させるための環境に関する規程を構築し、かつ、それを継続的に改善します。
  2. 次の項目を重要課題として、環境に関する規程に則った企業活動を行うことにより、地球環境の保全に努めます。

    • 自社における活動において、電力使用量低減、ペーパーレス化等による紙の使用量の低減、廃棄物の分別に努めます。
    • グリーン購入の推進と徹底により、環境負担の軽減・循環型社会の構築に貢献します。
    • お客様の事業活動における省資源、省エネルギーに貢献するサービスの提供に努めます。
  3. 環境に関する法令・規制や、当社が受け入れを決めたその他の要求事項を遵守し、必要に応じて自主基準を設定し、環境管理レベルの向上に努めます。
  4. 環境保全に対する理解と意識を向上させ、全従業員及び協力会社全従業員に対して周知し、啓発活動を行います。

制定日 平成16年1月1日

最終改訂日 平成27年5月10日

シンポー情報システム株式会社

代表取締役社長 中溝 正俊

安全衛生への取り組み

当社は、労働安全衛生に関する法令・規制や、当社が受け入れを決めたその他の要求事項を遵守し、必要に応じて自主基準を設定して、労働安全衛生管理レベルの向上に努めます。その活動を継続的に実践するため「安全衛生委員会」にて、労働安全衛生に対する理解と意識を向上させ、労働安全衛生目的・目標を達成することを目的とし、全要員に対して周知し、啓発活動を行います。

労働安全衛生への取り組みを見る

基本理念

シンポー情報システムは、情報サービス産業の一員として、労働安全衛生活動の促進を重要な社会的責任と位置づけ、「シンポー情報システムに入社して良かった」と社員の誰もが実感できる会社とするために、「労働安全衛生基本方針」を定め、当社の業務に従事する全要員が安全かつ健康で快適に業務を遂行できる職場環境形成を目指します。

基本方針

  1. シンポー情報システムは、上記基本理念を実現し、負傷及び疾病の予防をするために、全要員の協力のもと、労働安全衛生規程を構築し、運用し、かつそれを継続的に改善するとともに、労働安全衛生パフォーマンスを改善します。
  2. 次の項目を重要課題として、労働安全衛生規程に則った企業活動を行うことにより、全要員の安全と健康の維持・向上に努めます。

    • 長時間労働に起因する健康阻害を防止するために、仕組みを整備し、運用します。
    • 企業活動遂行における傷病等の直接的なリスクを管理し、その低減活動を実施します。
    • 通勤・出張時の交通災害等の間接的なリスクを管理し、軽減活動を実施します。
    • 労働安全衛生における緊急事態のリスクを管理し、その軽減活動を実施します。
  3. 労働安全衛生に関する法令・規制や、当社が受け入れを決めたその他の要求事項を遵守し、必要に応じて自主基準を設定し、労働安全衛生管理レベルの向上に努めます。
  4. 労働安全衛生に対する理解と意識を向上させ、全要員に対して周知し、啓発活動を行います。

制定日 平成20年4月1日

最終改訂日 平成27年5月10日

シンポー情報システム株式会社

代表取締役社長 中溝 正俊

上記の各取り組みを推進することを目的に、当社では以下の各ISO資格の認証を取得して積極的に活動を展開してまいりました。

その結果、各マネジメントシステムの考え方が全社に浸透し、仕組みやルールを構築するとういう初期の目的を達成したため、2015年度をもって、自主返上をすることといたしました。

今後は、これまでに培ってきた「仕組み」「ルール」「運用」、そして「マインド」を更に高めながら、企業としての責任を果たしてゆく所存です。

  • ISO 27001 情報セキュリティマネジメントシステム 2009年取得
  • ISO 9001 品質マネジメントシステム 2000年取得
  • ISO 20000 ITサービスマネジメントシステム 2013年取得
  • ISO 14001 環境マネジメントシステム 2004年取得
  • OHSAS 18001 安全衛生マネジメントシステム 2008年取得

健康への取り組み

社員自らが健康について理解し、疾病の予防や健康保持・増進に積極的に取り組めるよう、健康保険組合や労働組合、神奈川トヨタ健康相談センターと連携して、個人のみならず組織で健康増進活動を行っていきます。

健康経営への取り組みを見る

シンポー情報システム 健康経営宣言

シンポー情報システムは、全従業員が心身ともに健康で安心して業務を遂行し、最大のパフォーマンスを発揮することが、企業の生産性や創造性を高め、お客様に最適なサービスを提供し続けていく上での重要な経営課題であると考えます。
従業員とその家族の心身の健康保持・増進への取り組みは、当社の企業理念である「シンポー情報システムに入社してよかった」と社員の誰もが実感できる会社の実現にも繋がることと考え、イキイキと活躍できる環境づくりを進めてまいります。

制定日 平成30年9月14日

シンポー情報システム株式会社

代表取締役社長 中溝 正俊

健康経営の基本方針

シンポー情報システムが、社員の健康の保持・増進のために取り組んでいる主な施策は以下の通りです。

  1. 健康診断の全員受診と結果フォローで社員の健康を守ります。

    • 社員(産休など休職中を除く)の健康診断100%受診を毎年継続します。
    • 受診後は、産業医の指示の下、再検査の社員を確実にフォローし、その健康状態を継続的に見守っています。
  2. 長時間労働から社員の健康を守ります。

    • 多様な働き方を進めるために導入している「勤務時間選択」「短時間勤務」「カレンダー運用」および「育児・介護等の支援」の各種制度について、長時間残業の抑止に加え、社員や家族の健康をサポートする観点からも制度の活用を推進しています。
    • やむを得ず長時間労働を行った社員には、長時間残業健診を義務付け、産業医が直接健康状態を確認、必要に応じて本人と所属長に就業上の制限を指示するなど、健康維持を最優先に取組んでいます。
  3. 社員の心の健康を保ちます。

    • 全社員を対象とするストレスチェック100%受診を毎年継続します。また、組織別の集計評価を「組織プロフィール」として役員・管理職を通じて各職場へフィードバックしており、労働組合が実施するアンケートとも併用して、働きがいを高める職場環境作りに継続的に取組んでいます。
    • グループ企業の専門スタッフによる相談窓口に加え、専門機関による相談窓口も設置し、社員はもちろん家族も無料でカウンセリングを受けられる環境を整えています。
  4. 職場の環境整備で社員の健康を保ちます。

    • 社員やパートナー社員などが集まるIT事業の特性を踏まえ、快適なオフィス環境を保つことに加え、職場の改善活動を導入したチームビルディングや業務の可視化、遠隔地とのテレビ会議や立ちテーブルなどのミーティングツールの充実を推進しています。
    • 社外で活動する社員に対しては、外部の作業場所での就業環境改善の申し入れ、移動中に遭遇する事故の早期把握、自然災害発生時の注意喚起と安否確認に努めています。
    • インフルエンザの感染防止対策として、予防接種への会社補助を行っています。

ページトップ